植松里菜

PROFILE

平成1年1月20日 山口県岩国市生まれ。27歳強みは愛と愛嬌!
2014年集客戦略発表大会最優秀賞
第5回集客戦略発表予選大会優勝
第7回集客戦略発表予選大会優勝
私が産まれたのはバスが一日に二本、電車は一時間に一本。駅は無人駅。小学校は1クラスで14人。そんな超がつく田舎で育つ中で、のびのび育っていましたが、ある時からこんな狭い世界で一生終わるのはいやだと思い始め、地元を出ることを決意。大学からは福岡へ行き1人暮らしを始めました。大学では商学部でマーケティングや経済、経営等についても学びました。しかし大学生活はほぼ、サークル活動に費やしていました。サークルでは宴会部長、また活動では、映画の脚本を自分で考え、撮影したり、他の人の作品に出演したりと、なかなかできない体験をたくさんしました。また夏と秋にある学園祭の企画委員にも入り、とにかく機会や仲間に恵まれ、忙しく充実した大学時代でした。就職活動をする中で、とにかく私は小さい頃から人を喜ばせることや楽しませることが大好きだったため、「なにかで人を喜ばせたい!喜んでもらえる仕事がしたい!」という想いが軸となり、説明会で聞いたまだできたての「ケセラセラジャパンなひと」という社長の言葉に衝撃を受け、入社。現在6年目。ブライダルのお客様を主に担当させていただいており、東北から関西まで飛びまわらせていただいています。お客様の一番求めている「集客」のお手伝いをすることでお客様の利益が伸びる。そしてお客様に喜んでもらえる。簡単ではないですが、そんな本質のある仕事が出来る今をとても幸せに感じています。

様々な機会にひとつひとつに一生懸命取り組めば、成長していけるベースがある

集客戦略発表大会という社内の大会があります。手っ取り早く言えば自分のお客様の“自慢大会”なのですが、弊社の事業である集客コンサルの成功事例を発表し、戦略・成果・プレゼン力・汎用性など6項目からなる評価を競う大会で、優勝は社での最高名誉のひとつです。事業を知りつくした全社員の前でプレゼンするということはお客様の前で発表することよりも緊張することです。とにかく私はもともとプレゼンが苦手でした。今までは「集客戦略発表大会はベテラン勢が出る大会」という認識で、まだまだ私は自信がなかったのですが、まずやってみないことには!と勢いで出場。結果準備はしたものの緊張してまったく票は取れず。とても悔しい想いをしました。しかし諦めることはできないと練りに練ってプレゼン方法の戦略を変えました。とにかく、フィロソフィ軸で構成を組み立て、二回目の出場。僅差で2位と、一気に躍進はしましたがあと一歩で優勝に及ばず。次回こそ優勝を取ってみせる!と、奮起し、更にスケジュールに余裕を持たせて逆算して相当な前準備を重ね、更にお客様でも結果を出し、その成果をもって挑み、やっとのことで優勝。ベテラン勢を押しのけやっと勝ち取ったトロフィー。これは嬉しかったです。更にそのお客様をもって、決勝大会へ。結果2014年の年間の集客戦略発表大会決勝では最優秀賞をいただくことができました。大好きなお客様で結果を出すこと。これは私達コンサルタントの使命ですのでしなければならないことではあるのですが、更にその大好きなお客様の結果を全社に認めてもらうこと。集客コンサルティングの事例発表の唯一の場で優勝できたこと。それが私の自信にも大きく繋がりました。

優勝商品はハワイ研修。業界の一流の方たちと一週間、本当に素晴らしい経験をさせていただき、日本から離れたゆったりしたハワイの地で、今までの人生の中でもとても濃い時間を過ごさせていただきました。(もちろんショッピングもたくさん!しました)その最優秀賞の発表をさせていただいたお客様は、更に業績向上をさせていただいたということで、ご契約をランクアップして様々な媒体を任せていただくようになりました。そして更に、2015年度の第一回目の大会にも違うお客様でエントリーし、結果を出すこと、そして戦略、更に当日のプレゼンの準備を重ねることで史上最多の得票数で優勝を勝ち取り、社内初の3連覇をすることができました。2015年度も、結果を出し、最優秀賞を目指したいと思います。

当社は、集客戦略発表大会はもちろん、様々な所できちんと振り返る場、そしてインプットする場、アウトプットする機会があることが本当に素敵で感謝すべきことだと思っています。そのひとつひとつに取り組む姿勢は人それぞれですが、成長できる場が与えられている以上それを最大限使わない手はないです。もちろん自分から場を作りだすことはなによりも大切ですが、様々な機会にひとつひとつに一生懸命取り組めば、成長していけるベースがあります。挑戦していくことでどんどんフィールドが上がり、その場を楽しめるようになりました。

チャンスを自分の成長に繋げられるかどうか、挑戦するかどうかは自分次第

私はこの会社に入らない人生を選択した自分を想像するととても怖くなります。本当にこの会社に育ててもらったと思っています。企業理念である「全従業員の物心両面の幸福を追求するとともに、出逢った人たちに無限の可能性をを伝集団である。」私も、もともとは本当に視野の狭い人間でした。今まで特に何のとりえもなく、大きな事を成し遂げた!とか周りに誇れる大きな体験が特にありませんでした。ただ、当社に入って、そして東京に来て、様々な一流の方と出逢い様々な体験をさせていただく中で、私ももっと上に行きたい!成長したい!と思うようになりました。私のビジョンは特になんのとりえのなかった人でも、努力を重ねることで20代で成功領域に行くことができる!ということを自分で体現して、周りの人、道に悩んでいる人を導いてあげることのできるような存在になる、ということです。

女性として、こうでありたい像は女性らしさの中にも芯があり、思いやりがあって優しい人。集中力、判断力があり、周りの人に幸せを与える存在。今が幸せと胸を張って言える毎日を送ること。です。まだまだほわっとしていて明確な、これ!というビジョンは決まっていないのですが、日々一生懸命目の前の事に取り組んでいくことで、もっと明確に、迷えず付き進めるなにかがイメージできるようになると思っています。その時はもしかしたらハワイ支社かもしれませんし、海外の教育研究所かもしれません。日本の心を伝える旅館かもしれません。集客コンサルを極める。会社を興す。かもしれません。どんな夢でも、当社ではとにかくPDCAサイクルを回し、努力し、フィロソフィを意識した行動をし成長し続けることで、その夢を叶えられることができる環境があります!

就職活動中の大学生にメッセージ

「ATSUMARUな人」になぜか惹かれて入ったあの時の感覚や決断は間違っていなかったと今でも思っています。いままで4年間の中ではもちろん、きつかったこともありました。でも、当社の仲間は本当に、愛をもって接してくれますし指導してくれます。フィロソフィにもありますが「そこに愛はあるのか?-小善は大悪に似たり。大善は非情に似たり。「愛」とは、他人の喜びを人の喜びとする心である」本当に、私を良くするためには。成長させるためには何が足りないのか、何が必要なのかと本気で考え発してくれる仲間が多くいます。そこに歳は関係ありません。
挑戦したい、自分のフィールドを上げたい、成長したい!という思いがある人には絶好のフィールドです。そこに明確なものがまだ描けていなくても、きっとここにいると見つかるんじゃないかなと思います。また見つけることができる機会もあります。とにかくビジョンを高くもち、自分の決めたことを凡事徹底、そして様々なことを受け入れる素直な心を持っている方には最高のフィールドではないかなと思います。まだまだ伸びていきます!また、社員それぞれの声をきちんと聞いてくれる環境があります。未来を明るくしたい、自分を変えたい、もっと成長したい、いろんなことに挑戦したい!!!!!本気でそう思っている方、そんな人は是非一緒に働きましょう!

OTHER MEMBER

  • 橋本光雄
  • 黒石涼
  • 福原悠子
  • 植松里菜
  • 亀井愛美

株式会社あつまる 新卒採用

随時エントリー受付中!!

私たちは「ATSUMARUなひと」を求めています。リクナビ2018、マイナビ2018よりエントリーください。

  • 株式会社ケセラセラホールディングス 株式会社あつまる