MENU

主 演

脇田 向日葵

2020年新卒入社 / 新規事業室

HIMAWARI WAKITA

INTRODUCTION

初めて出逢った
ちっぽけな私。

「ちゃらんぽらん」そんな言葉がぴったりだった私に、大学1年生の時に転機が訪れました。
それは、"2週間、航空費とホテル代無料!"という、夢のような"発展途上国への海外インターン" です。
初めは「無料で海外?!凄い!」そんな軽い気持ちで飛び込んだ世界でしたが、
この経験をきっかけに人生で初めてビジョンを描けるようになりました。
私の人生を変えてくれたのはカンボジアで出逢った、“裸足の小さな男の子”でした。
歳の離れた私の妹と同い年くらいの男の子は、
紐を結んで作られた人形を差し出し「お姉ちゃんこれ買って」と言ってきました。
人形を売っている理由を聞いたら、「お腹すいたから」と。
その回答に、言葉が出なくなるくらい心が苦しくなりました。
だったらお腹いっぱいご飯を食べてもらおうと思って、少し多めにお金渡そうとしましたが、
「向日葵がお金を渡したら、人形を売ってお金を稼ごうとする子ども達は一生減らないよ。」と、
同行していた方から止められてしまい、
どうしようもなくなった私は、リュックに入っていたキャンディを1つ渡しました。
昔からちゃらんぽらんだったけど、周りにいる友達皆んなを笑顔にできる自信だけはありました。
でも、世界に出て自分がこんなにもちっぽけな存在だということを思い知らされました。
ちゃらんぽらんだった私が人生で初めて「悔しい」という感情を知ったのと同時に、
あの子が安心して働ける世界を創らなければいけないと思うようになりました。

ラッキーガールを
卒業して

インターンをきっかけに「世界中の子ども達が安心して働ける世界を創りたい。そのために、世界を舞台に仕事をしていきたい。」そんなビジョンを描くようになりました。そんな想いを胸に秘めてあつまるに入社したのですが、入社を決めた当時の私は周りのともだちよりもちょっぴりお金を稼いでいたため、「なんでわざわざ就職をしたの?」と友人や知人に何度も質問されました。このまま、自由度高く働けるしフリーランスになろっかな、なんて考えていました。
私があつまるに入社した理由は、石井社長との出逢いをきっかけに、あつまるで自分のチームを作っていきたいと思ったから、そしてあつまるは“この世で一番ラッキーが通用しない世界”だと思ったからです(笑)
ちゃらんぽらんだった私が、ラッキーが通用しない世界で我武者羅に努力することが、ビジョン実現のための1番の近道だと思いました。実際に、あつまるに入社して初日から、採用・広報チームのリーダーを任せていただいたり、2年目には次のステップに行くために、新たにプロデューサーに転身させていただいたりと沢山の挑戦機会をいただいています。もちろん、壁だらけの毎日で、できない自分にムカついてしまうこともありますが、今の私の常識がひっくり返るような学びの多い毎日、そして、やっと本気を出せる環境を見つけることができて、毎日が最高に充実しています!

VISION

いたずらっ子、
欲張りに世界挑戦

自由で楽しくて、余裕で楽勝なのがイケている?ある程度何でもできることがイケている?一生遊んで暮らしていけることがイケている?違う。私は、世界中の雇用機会、誰かの目標を創っていきたい。インターンをきっかけに、直感でそう思うようになりました。将来的には独立して、自分の商品・サービスを世界的に大ヒットさせることにより、「〇〇で働きたい!」というような雇用機会や誰かの目標を創れる人生にする。そのために、世界中でお仕事をやりたい。世界中にチームを作って、地球の裏側の、あの子の笑顔を守りたい。ビジョンを掲げてほしいと本気で思っています。
誰かのために、という想いが強いですが、自分自身もどんどん次のステージに行きたい!上には上の世界があるのであれば、死ぬまでにできる限りの世界を見てみたい!勿論、そんな自己満足な想いも同じくらい強いです(笑)


  • 2025

    どんな役割でも
    過去1の結果を出し続ける

  • 2025

    世界挑戦の仲間を集めを
    本格的にスタートさせる

  • 2027

    海外挑戦スタート。日本のものづくりで勝負する。
    [美]事業としてベビーコスメに興味あり。

  • 2037

    [夢]事業としてキッザニアのような空間創りに携わったり、
    [騒]事業としてBARやお祭りにも携わってみたい!

  • 2050

    世界に雇用機会
    (チャンス)を生み出す。
    私の仕事が誰かの
    将来の夢として語られる。
    (子供の将来の夢ランキングに入るイメージ)
    そしてこれから残りの半生がスタート!
    今の私には考えられないことに挑戦!

OTHER PHOTO