MENU

主 演

寺田 哲也

2017年新卒入社 /
クリエイティブ事業部
マーケティンググループ

TETSUYA TERADA

INTRODUCTION

面白そうなものには
後先考えず飛びついてみる

学生時代は、後先考えずにその時その時にやりたいことに飛びついていました。
小学校で手にしたパソコンや高校の部活、大学の委員会活動やオンラインゲームなど、
今に満足できれば良いし楽しければ良いという判断軸で日々を過ごしていました。
その時ハマったことにはとことんハマっていましたが、これまで大きなビジョンも掲げたこともなく、狭い世界観の中で生きていました。
就職活動もなんとなく開始したのですが、同じ大学に通っていた武松和輝がベンチャー企業に目を向けているということを聞き、
「ベンチャー企業?!何それ!カッコいい!」そんな勢いでベンチャー企業に興味を持つようになりました。
武松のお兄さんがあつまるで働いているというご縁もあり、あつまるの説明会に参加しました。
そこで「人生は仲間を増やし続ける旅だ。世の中は無限の可能性に満ち溢れている。」と真剣に語る大人に惹かれ、
自分もこの会社で大きなビジョンを描いていきたい。そう思い入社を決意しました。

あつまるは、
個人に向き合う会社

入社当初、結果が出ない日々の中、もがき続ける日々を送っていました。そんな私を見かねた当時の上司がご飯に誘ってくれて、お互いのビジョンシートを見ながら、私と上司がこれまでどんな人生を歩んできたのか生い立ちについて語り合う時間でした。普通ならきっと言いたくないような過去を曝け出してくれた上司に心動かされ、私も書きたくなかったこと、本当は言いたくないことも、細かく話しました。
その時に更新されたビジョンシートの生い立ちをもとに、当時の上司や幹部メンバーが幹部会で「パソコンやゲームに没頭していた経験がある。デジタルマーケティング部署の方が、寺田の長所を生かせるのではないか?」と提案してくれ、部署異動しました。
その後新しい部署で、できることも増え、仕事のパフォーマンスも上がり、イベントの幹事やマネジメントなど、さまざまな経験をすることができました。“向き合う”とは、目の前の本人や仕事だけでなく、本人の過去・未来の人生と向き合うことだということに気付かされました。これまで沢山の人が向き合ってくれたから今の私があります。これからは「あの時の寺田のおかげで」と一人でも多くの人に言ってもらえるような人生を送っていきます。

VISION

寺田がいるあつまる
自分の名前で
世の中に勝負する

「一年後の世界がどうなっているか。」予想するのが難しいほど、世の中はどんどん変わっていきます。そんな激動の時代を乗りこなす力こそが真の実力・影響力だと思います。どれだけ個人でスキルをつけても、そのスキルはいずれAIに取って代わられてしまうかもしれません。しかし自分が一度身につけた影響力はなかなか取って代わられない。必要な時にスキルが無くてもスキルがある人を仲間にすればいいと思います。
これから会社はどんどん成長し、変化していきます。ですが、その成長に乗っかるだけでは面白くありません。自分自身がもっと成長して個人の名前だけで世の中で勝負できるように力をつける方が面白いですし、みんなの為にもなると思います。
今はSNSやYouTubeなどのソーシャルメディアで、個人で情報発信するのが当たり前の世界です。そしてそのフォロワーは今や資産の一つになっており、ソーシャルメディア関連でさまざまなビジネスが生まれています。大きいことをやりたい、何かに挑戦したい、世の中に何かを伝えたい。そう思った時に実行できるような実力をいち早く身につけます。

  • 2024

    ソーシャルメディア合計フォロワー10万人

  • 2025

    本出版、日本のトップマーケターと共演

  • 2027

    ソーシャルメディア合計フォロワー100万人、会社設立

  • 2035

    テレビ番組レギュラー出演

OTHER PHOTO