MENU

主 演

山田 晃嗣

2017年中途入社 / 新規事業室

KOJI YAMADA

INTRODUCTION

ビジョンを達成させる
生き方を、
いつまでも、どこまでも。

どんな習い事をしてもダメダメだった私が小学4年生の頃馬術に出逢い、
「日本一になりたい!」とビジョンを掲げるようになりました。
日本トップレベルの環境に揉まれながら、
大学生の頃に、最年少全日本チャンピオンという結果を出し、
小学生の頃に掲げたビジョンを達成することができました。
社会人になっても自分の人生を絶対特別なものにしたい!
そう考えた私は、厳しい場で揉まれ、
成長することのできる証券会社の世界へ
飛び込むことを決意しましたが、全く結果が出ませんでした。
「お前が努力して結果が出るんだったら俺も同じことやるよ!笑」
「お前はバカなんだから、人の倍努力をしてやっと人並みだ」
優秀な同期や先輩たちにバカにされる毎日を過ごしていましたが、
絶対に俺はこのまま終わる男じゃない、
そう信じて人の何倍も努力をし、同期500名中1位の営業成績を残しました。
結果を残せるようになり、もっと成長できる環境に飛び込もうとあつまるへの転職を決意しました。

壁の連続。
乗り越えて見えてきた
世界。

初月からあつまるのTOPセールスを抜いてやる!と意気揚々と入社したものの、壁にぶつかる毎日です。ようやく結果が出せるようになりリーダーを任せていただきましたが、次は”マネジメント”という新たな壁にぶつかります。進めば進むほど新たな壁にぶつかる日々を過ごす中で、業務的な成長はもちろんですが、それ以上に人間的な成長を少しずつ感じています。元首相、元世界チャンピオン、上場企業の社長といった”超”がつくほど凄い方々と関わる機会をいただき、自分自身の価値観が変わるくらいの学びをいただいています。あつまるに入社し、想像以上に濃厚な毎日を過ごしていますが、ビジョンを追いかける=戦い続けることだと考えているので、この環境を存分に生かしながら成長していきます。

VISION

歴史の教科書に
なるような
偉大なことを為す

成功者とは何か?を考えてみました。
人に影響を多く与えた人、そしてその影響が大きければ大きいほど人生の成功確率は高くなると思いました。私が考える一番最強な人生とは「死後も影響を与え続け、生き続けることのできる人」です。
坂本龍馬のように、この世からいなくなっても人の人生を動かし続けられるような生き様を目指します。
普通の人生なんて絶対にありえない!この世からいなくなった後も、自分が生きた人生ドラマを通して、人を動かし続けることのできる人になります。

  • 2030

    従業員200名を率いる
    経営者に

  • 2050

    経営者団体1000人の会長に
    日本の長者番付TOP50以内

  • 2070

    国から勲章をもらう
    自叙伝10冊の出版

  • 死後

    教科書に載る

OTHER PHOTO