MENU

主 演

木原 大輔

2015年中途入社 /
DXソリューション事業部
プロデューサーグループ

DAISUKE KIHARA

INTRODUCTION

「負けず嫌い」な
大人になる。

物心ついたときから、勉強もスポーツも自分が1番でないと気が済まない、大の負けず嫌いでした。
本気を出せば何でも1番だったので、自分は何でもできるのだと大きな勘違いをしたまま学生生活を送っていました。
小学生の頃から始めたバスケットボールも、小中高全国大会に出場して、中学生の頃には日本選抜に選出いただくこともできました。
努力すれば何でもできる、1番になりたいという想いは今でも私の根底にあると思います。
大学進学で地元の山口を離れ、上京しました。
そこで私が1番と思って生きていた世界はとても小さなものであり、日本一、世界一という本物の1番ではなかったのだと気付かされました。
今度は誰もがやらなさそうなことをやり始めます。
専門学校に通ってみたり、世界各国一人旅へ行ってみたり、やりたいことがわからず迷走していた大学生時代でした。
唯一決めていたことは「いつか経営者になる」ということでした。
そんな私も、この世の大多数に該当するサラリーマンの気持ちを理解しようと、周りと同じように就職活動をしました。
新卒で某⼤⼿メーカーに入社し、営業に配属されました。
その会社に長居するつもりもなく「1番厳しい部署に配属してください」と人事にお願いしました。
配属された九州の営業所は本当に厳しかったですが、社会人としての基礎を叩き込んでもらいました。
ここでも負けず嫌いな性格が再燃し、100人いる新人営業の中でトップの成績を残すことができました。
ですが、年功序列の環境に違和感を感じた私は、更なる成長環境を求めてあつまるへの転職を決意しました。

大手企業から
ベンチャー企業へ

あつまるに中途入社後最初の1年間は結果が出ず悔しい思いをしていましたが、負けず嫌いをここでも発揮します。入社後3年経った頃には社内トップレベルの結果を出せるようになっていました。決算MVP受賞、当時最年少でリーダーになるなど、経営者になるという自分のビジョンに近づいている実感がありました。しかし、リーダーになり「チームで」結果を出し続ける難しさを肌で感じ始めます。私には、“自分が結果を出す” だけではなく“メンバーが結果を出せるように導く”というリーダーの資質が欠けていました。本質的なリーダーとしての役割を全く理解できていませんでした。こんなに多くのことをしてあげているのに、なぜ成長しないのか?結果が出ないのは努力してないからではないのか?と自分軸でしかメンバーと関わることができず、結果、多くのメンバーが離れていってしまいました。
リーダーとしての壁にぶつかる中、29歳の時に長男が生まれ、親として子どもにできることを本気で考えている自分に気づきました。そして、今までのメンバーに対する「育てる」「向き合う」の本気度は全く足りなかったことに気づきました。メンバーのためにやっていたつもりが、実はリーダーとして結果を出すという自己中心的な考えだったのです。
長男の誕生がきっかけで他人の幸せを考える難しさ、自分の利己に気づくことができました。「自分の部下に、自分の子どもと同じくらい向き合い、愛せるか」リーダーはそのくらい大きな責任を負いますが、同時に大きな人間的成長の機会を与えてくれます。理想のリーダーにまだまだ追いつけず焦ることもありますが、常に成長できる環境で過ごす日々は最高に充実しています。

VISION

働く大人が
全力を出せる
世界を創る

大学時代に自分の将来に悩んでいた時、接骨院を経営することを目指し、専門学校に通おうとしました。結局その道は選びませんでしたが、あつまるで仕事をしていく中で、治療院業界に関わる機会がありました。その仕事を通して、自分は健康に関わることが好きだということに改めて気づきました。健康について考える中で私が感じた社会課題があります。「社会人で心身ともに健康で働いている人がどれだけいるのだろうか」という疑問です。多くの人が体の痛みや心の不調を抱えて日々仕事を頑張っています。自分の実体験でもありますが、責任ある立場で頑張ろうとする人ほど、自分の健康を捨てて仕事をしているように感じます。ただそれで生産性を落としているということもまた事実です。まず肉体的に不調がない状態にすること。そして精神的な健康のためには本質的なリーダーのもとで日々働くこと。言い換えれば本質的なリーダーが世の中にもっと生まれてくること。
その環境を実現することで、働く大人、頑張る大人が少しでもイキイキと輝ける社会を実現し、日本を豊かにしていくことが私のビジョンです。
イキイキした大人と一緒に過ごし、働く時間は最高の人生になると思います。少しでも多くの大人が全力を出して働き、その人たちが集い、大きな変革の波を作り、社会の常識を変えていく。私がそんな波を作っていきます。

  • 2025

    付加価値10億円の
    組織を作る

  • 2027

    付加価値30億円の
    組織を作る

  • 2028

    独立・起業
    健康産業に関わるビジネスをする
    個人ビジョン経営
    +リーダー育成・発掘を行う

OTHER PHOTO