マーケティング用語集

DX(デジタルトランスフォーメーション)
デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、デジタル技術によって事業を抜本的に変革すること。製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。
SEM(Search Engine Marketing)
SEMとはSearch Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略で、検索エンジン上で行うマーケティングを総称したもの。リスティング広告やSEOを駆使して、サイトへの訪問者を集客し、ログ解析、効果測定等のツールを利用して効果検証を行う、一連の流れを意味する。
リスティング広告
リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に特定のキーワードを検索した時に表示される広告。
掲載された広告のURLが1回クリックされるごとに費用が発生するクリック課金制の仕組みとなる。日本では、Google 広告やYahoo!広告(旧称:Yahoo!プロモーション広告)が代表的。
SEO(Search Engine Optimization)
SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称。
優良な被リンクを集めたり(外部施策)、サイトへの訪問者に価値あるコンテンツを提供し、Webページを最適化(内部施策)することで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、自サイトが上位に表示されるようにすることを意味する。
ROI(Return on investment)
ROIは「Return On Investment」の略称。日本語では「投資収益率」や「投資利益率」とも呼ばれ、その投資でどれだけ利益を上げたのかを知ることのできる指標のこと。
ROAS(Return On Advertising Spend)
ROASは「Return On Advertising Spend」の略称で「広告費に対してどれだけの売上をあげることができたのか」を測るための指標。つまり「広告費1円あたりの売上額」を知ることができる。
CV(Conversion)
CV(Conversion)とは、サイトへの訪問者がホームページの目標としているアクションを起こしてくれた状態のことを指す。(商品購入、お問い合わせなど)
CPA(Cost Per Action)
CPA(Cost Per Action)はコンバージョン単価とも呼ばれ、「1件のコンバージョンを得るのにいくら投資したか?」を表す。
CPO(Cost Per Order)
CPO(Cost Per Order)とは「1件の注文を獲得するために、どのくらいの費用がかかったか」を指す。
ターゲット
ターゲット(標的)とは、サービスを利用するであろうユーザーを指し、年代、男女、既婚未婚、職業、年収などのスペックでユーザーをセグメンテーション(似たようなグループに分類)し、狙いたい見込み顧客を絞り込むこと。
ペルソナ
「ペルソナ(persona)」とは、サービス・商品の典型的なユーザー像のことで、マーケティングにおいて活用される概念。年齢、性別、趣味、役職、年収、居住地、家族構成など、詳細な情報を設定することで認識の統一が生まれ、マーケティング戦略を明確に立てることができる。
カスタマージャーニー
カスタマージャーニーとは、設定したペルソナが自社の商品・サービスを購入、利用するに至るまでの「行動」、「思考」、「感情」のプロセスの事。顧客の購買行動の流れに沿って、顧客の「行動」、「思考」、「感情」を明確にし、マップ化することで顧客の行動の全体像が可視化できる。
顧客の行動を目に見えるカタチに落とし込み、どうすればペルソナの体験(カスタマーエクスペリエンス)が向上するか、ということに主眼を置いて使用されます。
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
「見込み顧客」のみをターゲットにして行い、レスポンス(コンバージョン)を促し、レスポンスがあった相手に対して直接的にセールスを行うマーケティング手法。
LTV(Life Time Value)
LTV(Life Time Value)とは一人、あるいは一社の顧客が、特定の企業やブランドと取り引きを始めてから終わりまでの期間内にどれだけの利益をもたらすのかを算出したもの。
Eコマース
Eコマース(Electronic Commerce)とは日本語で「電子商取引」であり、インターネット上で行われる商品やサービスに関する取引・決済を指す言葉。「Eコマース=ネットショッピング」
サブスクリプション
サブスクリプションとは、「定額料金を支払うことで、一定期間のサービスが受けられることを保証するサービス」のこと。本来、サブスクリプションとは、「予約購読」や「年間購読」という意味があり、近頃は「定額制のサービス」という意味で認識されている。
LP(Landing Page)
LP(Landing Page)とは検索結果やWeb広告などを経由してユーザーが最初にアクセスするページのこと。
ユーザーが最初に訪れるページはすべてLPとなるが、Web広告の分野では、そのなかでもとくに購入やお問い合わせなど、ユーザーのアクションを誘導することに特化した商品・サービスの紹介ページのことを「LP」と呼ぶ。
SNS(Social Networking Service)
SNS(Social Networking Service)とは。ソーシャルなネットワーク作りのために使用できるオンライン上のサービスのこと。Facebook、Instagram、Twitterなどが代表例。