DXの取り組み

VISIONビジョン
株式会社あつまるは、クライアント企業の成長をサポートし、
日本経済の成長発展に貢献するために、「本質的な商品やサービスを提供する企業」と
「お客様」を結ぶデータマーケティング・カンパニーを目指します。
DX PolicyDX方針
社会の急速なデジタル化により、企業はビジネスモデルの変革を求められています。
社会的なIT人材不足を受け、総合的なDX支援の需要が大きくなっている中で、私たちは「集客」「採用」「業務効率化」の観点からデジタライゼーションを促進し、クライアント企業のビジネスモデルのリデザインに貢献します。

上記ビジョン及び方針に向けて、当社ではビジネスモデルの方向性について下記2点を定めました。

(1)事業領域の拡大
当社は設立以来、「集客」領域にフォーカスしたビジネスを展開してきました。
近年、「働き方改革」により仕事のリモート化が進み、コミュニケーションが希薄化する中で、企業としての「想い」や「理念」を共有する重要性が高まっており、「CI(コーポレートアイデンティティ)」の相談が増えてきています。
また、理念を共有する人材の「採用」や、パラダイムシフトに伴う「マーケティングDX」など、ニーズが広がっています。
当社は、これまでに培ってきた「マーケティング×IT」の知見をもとに、企業へのサポート領域を広げていきます。

(2)ストックビジネスの強化
デジタル技術の浸透に伴い、社会の変化スピードは年々速くなっており、人々のニーズも併せて常に変化しています。
そのため、単発的な施策では変化するニーズに柔軟に対応することが困難になっており、継続的なPDCAサイクルの回転が不可欠になっています。
当社としましては、これまで以上に「ストックビジネス」に注力し、デジタル技術等のDXを組み込んだコンサルティングサービス「超あつまる会議」を強化することで、クライアント企業と安定かつ継続的な関係を構築し、企業の中期経営計画実現をサポートします。
Main Contents重点ポイント
当社では下記2点を重点ポイントとして掲げております。

(1)総合的なDX支援サービスの展開
「マーケティング×IT」領域の様々な知見・ノウハウ・経験を基盤とし、デジタルマーケティングを中心とした「集客」「採用」のDX支援、情報管理システム等のSaaS導入を中心とした「業務効率化」のDX支援をサービス展開し、クライアント企業のDXを総合的にサポートいたします。

(2)社内DX推進による労働生産性の向上
私たちは、「働き方改革」の本質を「生産性の向上」であると考えています。
ノーコード・ローコードツールやSaaSを活用して社内業務を効率化することにより、社員一人当たり労働生産性を向上させるとともに、生まれたリソースを活用して新しい価値を創出するための成長投資を行います。
「マーケティング×IT」のノウハウ・知見をもとに、
企業の成長をサポートする総合的なDX支援サービスを開始。

7つの領域から、成長を目指す企業様を総合的にサポート。
※横スクロールで全体がご覧になれます
System体制
社内外のDXを推進する体制を整備するにあたり、当社は下記3点を強化いたします。

(1)DX戦略を推進する部署の設置
(2)下記デジタル人材の育成及び採用の強化
  • ・マーケター:デジタルを活用して、市場を創造する
  • ・デザイナー:変化するニーズに合わせて、UI/UXをデザインする
  • ・エンジニア:デジタルを駆使して、ソリューションを開発する
  • ・プロデューサー:デジタルを活用して、新たなビジネスモデルを創造する
(3)外部開発パートナーやSaaS企業との協業
Research調査・研究
DX戦略推進部署にデジタル人材を配置し、ITに関する最新の技術動向の調査及び研究を実施しています。
その一環として、自社業務フローに外部SaaSを組み込み、高効率・高品質なサービス提供を推進しています。
Indicator指標
当社のDX戦略達成状況にかかる指標として、下記2点を掲げています。

(1)DX支援における売上高及び付加価値高
(2)従業員一人当たりの平均業務生産性(付加価値高/従業員数)