集客プラットフォーム事業

価値の高いビッグデータと高度なアルゴリズムにより、
確実な集客戦略で顧客の収益を最大化します。

これまで人の感覚や勘に頼って行われていた「あいまいな集客」を分析し、顧客の広告予算と集客効果の関係を数値化し、集客戦略の策定から集客のための各種ツールの開発、さらには改善にいたる全てのプロセスに活かすことにより、広告宣伝費及び販売促進費の費用対効果を向上させ、目先の成功・利益を追い求めるのではなく、顧客の中長期的な営業利益の向上に貢献します。

集客プラットフォーム

ATSUMARU

ビッグデータ(弊社過去実績データ+パブリックデータ)

弊社が保有しているビッグデータには、これまで行ってきた施策の実績(Webサービスや広告の運用データ、アナログ広告への出稿状況、アンケート等のアナログ情報データ)から、決算データ・経営計画データ、広告宣伝費の費用対効果、さらには顧客のあらゆる業界の情報、マーケット情報までを蓄積しています。

アルゴリズム(最先端且つ高度な分析)

弊社には、最先端且つ高度な分析をするデータアナリストやエンジニアが多数在籍し、独自開発しております。
(機械学習/自然言語分類/AIスコア・レンディング/文書変換/画像認識/チャットボット)

上記「集客プラットフォーム」を軸に、過去のデータから現状の課題や問題点を正確に洗い出し、
経営目標達成のための最適な集客戦略を導き出します

サービスフロー

SERVICE FLOW
  • クライアントデータ収集・ヒアリング

    過去のデータから現状を正確に洗い出し、顧客の保有している決算データや経営企画データをはじめ、Webサービスや広告の運用データ、アナログ広告への出稿状況、アンケート等のアナログ情報デー タから広告宣伝費の費用対効果や、顧客の業界情報、マーケット情報等の収集整理を行います。

    決算データ

    経営企画データ

    施策実績データ

    顧客アンケートデータ

    ヒアリングデータ

  • マーケティングレポート

    約200ページに及ぶレポートでこれからの集客の課題と改善策をご提案

    顧客の中期経営計画をはじめ、過去2~3年のKPI、広告宣伝費の効果測定の結果を洗い出し、業界情報やマーケット情報等のデータの収集。さらに経営者及び現場責任者、担当者に実施したヒアリングの結果をプラットフォームとマッチングし、過去の戦略の分析を経たうえで、これからの商圏における競合優位性だけでなく、競合の明確化、見込み客の明確化、最適な媒体の選定、集客のためのツール改善等を約150~200ページに及ぶレポートにまとめます。その後、経営者に対して提示し、集客目標達成のための戦略提案の場として報告会を実施します。

    中期経営計画策定サポート

    KPI設定サポート

    目標設定

    予算策定

    競争優位性(強み)の明確化

    顧客の明確化

    競合の明確化

    媒体選定

    各媒体・ツールの改善案の提示

  • サービス企画開発

    顧客が開設するWebサイトの企画・設計・開発から、広告クリエイティブの開発までをマーケティング戦略に基づき、Webサイトに来訪したユーザーのニーズや心理分析・行動仮説を踏まえ、ターゲットとな る見込み客のニーズに合わせたコンテンツの内容、画面構成、デザイン、効果的な集客導線やサイト導線を構築し、見込み客の獲得を追求したWebサイトの設計と開発を行います。また、デジタル領域に特化したリスティング広告やSNS広告のシミュレー ション及び出稿・運用、レコメンド機能搭載型アクセス解析連動自動ポップアップシステムや媒体一括更新システムにより顧客の成約率の向上や顧客満足度向上に貢献します。

  • 定期コンサルティング

    継続的コンサルティングの重要性

    Webサイト、出稿する媒体、広告運用の集客の成果を継続的にレポーティングすることに終始していませんか?レポーティングは現状を知るための手段であり、本質的な改善策ではありません。弊社では継続的なコンサルティングを通じて、マーケティングレポートから導き出された経営計画をベースとしたKPIに対して、月次での達成状況を踏まえ、集客プラットフォームによるデータ可視化と運用改善策の提示を行います。

    集客プラットフォームから導き出される改善

    弊社は全国に多数の顧客を抱え、集客に関するデータを日々蓄積しています。データの種類もデジタル、アナログを問いません。これまで人の感覚や勘に頼っていた「あいまいな集客」を当社独自の集客プラットフォームを用いて分析し、予算と効果の関係を数値化。戦略の策定から細かなツール作成、改善にいたる全てのプロセスに活かすことにより、広告宣伝費及び販売促進費の費用対効果を向上させ、目先の成功・利益を追い求めるのではなく、1年後2年後、さらにその先を見据え、結果として営業利益の向上に貢献します。