MENU

sustainability

サステナビリティ

SDGs(持続可能な開発目標)
について
2015年9月に国際連合で採択された17の目標と169のターゲットからなる目標です。この目標実現のために、先進国・途上国、政府・関係機関・企業など、すべての関係者による行動が求められています。
SDGsの推進に向けて
株式会社あつまるは「全従業員の物心両面の幸福を追求するとともに、出逢った人たちに無限の可能性を伝え続ける集団である。」という企業理念の実現に向けて様々な企業活動をしております。株式会社あつまるの企業理念は、包摂的かつ持続可能な経済成長及び、すべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する企業理念です。
今後とも、株式会社あつまるは働きがいと経済成⻑を両立させる「個人ビジョン経営」の実践及び、DXソリューション事業を通じて持続可能な社会の発展に努めてまいります。

当社のSDGsへの取り組み

全従業員のビジョン=会社の経営計画
従業員の働きがいと経済成長を両立させる「個人ビジョン経営」を実践。
全従業員のビジョン=会社の経営計画とすることにより、従業員の働きがいを促進。
ビジョンシート
全従業員のビジョンと会社の経営計画を連動させるために、個人のビジョンを書面可するシート。
超個人面談
3ヶ月に1度、役員陣が全従業員と個人面談をし全従業員のビジョンと会社の経営計画をすり合わせる。
個人ビジョン経営実践報告会
個人ビジョン経営の実践について世界中から講演オファーをいただいております。定期的に自社でも報告会を実施しております。
その他
日本、ベトナムともにガラス張り経営に積極的に取り組む
・業績の見える化により社員の働きがいを促進(月に1度の全社MTGでの業績進捗共有)
・意見の見える化により社員の働きがいを促進
 - 全社MTGにてコーチング、社員アンケートの実施。意見箱の設置
・感謝の見える化により信頼関係向上を促進
 - ありがとうカード提示、カンパニーマイル制度(オンライン上で感謝を伝え合う社内通貨制度)
DXソリューション事業
DXによって企業が新たなテクノロジーを使いこなせるようになり、
ビジネスモデルを変革することができれば、伴い産業社会も変化します。
DXを加速させ、Society5.0を早期に実現することが、私たちのミッションです。
中小・中堅企業のDX導入状況
中小・中堅企業の約34%は具体的計画がなく、中小企業あわせても平均57%が具体的なDX導入計画を持っていません
顧客の経営計画策定段階から
企業のデジタライゼーションをトータルサポート