MENU

REAL TALK 01

01

若手×若手

2020年に入社し、幹部メンバーとしてさまざまな経験を積んでいる冨塚鉄太、脇田向日葵。
あつまる入社後リーダー経験も積み、圧倒的スピードで成長し続ける2人は、どのような就職活動をして、あつまる入社後どのようなチャンスを掴み取ったのか。
若手だからこそ感じるあつまるに対するぶっちゃけ話をテーマに対談を行いました。

TALK MEMBERS

対談メンバー

  • DXソリューション事業部
    プロデューサーグループ
    冨塚 鉄太
    2020年新卒入社

    ●キャリアパス

    2020年
    あつまるに新卒入社
    プロデューサーグループに配属
    2021年
    新人賞獲得
    プロデューサーグループ リーダー就任

  • 新規事業室
    脇田 向日葵
    2020年新卒入社

    ●キャリアパス

    2020年
    あつまるに新卒入社
    採用・広報グループリーダー就任
    2021年
    最短距離成長賞獲得
    チームMVP獲得(採用・広報チーム)
    採用・広報グループリーダーからプロデューサーに転身
01

入社理由を教えてください

  • 冨塚

    学生時代に自分で起業しようと思っていたのでもともと就職活動をするつもりはありませんでしたが、4年生の頃たまたま友人に「そろそろナビ登録した方が良いよ」と言われたので、とりあえず登録してみました。使い方もよく分からず企業検索していく中で、たまたま目に止まったのがあつまるでした。そこからあつまるの説明会に参加して、説明会で社長の話を聞いて「自分一人で起業する前にここで一回修行した方が、成功する近道だ!」と直感が働き、まだ内定も貰っていなかったのにあつまるへの入社を決意しました。ですので、私の就職活動はあつまるが最初で最後でした(笑)
  • 脇田

    私も就職活動はほとんどしていませんでした。大学時代はフリーランスとして仕事をしていて、就職活動がスタートしたタイミングは“自分の好きなことで自由にお金を稼ぐ”ことにも慣れてきた時期でした。ですので就職活動をする気はなかったのですが、当時私の周りで一番就活を頑張っていた友人から「一回くらい就活してみたら?今の自分の実力でどれくらい最終選考に進めるかチャレンジしてみよう!」と言われ、就職活動をスタートさせました。
  • 冨塚

    結局ちゃんと就職活動したの?
  • 脇田

    一社だけですが(笑)、説明会に参加して最終選考まで進みました!自分が将来やりたいこととその会社の事業内容がマッチしていたので、興味を持ちました。でも、その会社の最終選考まで進んで、社長・役員陣と話をする機会があったので「どうやってその役職・ポジションを掴み取ったのか」「どのようにやりたいことに挑戦しているのか」聞いてみると、全員口を揃えて「社長が言ったから」と答えたんです。
    「社長が言ったから」なんて誰かの人生を生きているような大人にはなりたくないなと思い、そのまま選考は辞退しました。
  • 冨塚

    なるほど。そこでやっぱりフリーランスで頑張ろうと思わなかったの?
  • 脇田

    そんな時に出逢ったのが石井社長でした。石井社長に「あつまるはリーダー育成機関だから、やりたいことは全部できる会社だよ。やりたいことがあるのであれば、自分で手をあげてやってみて。止めるときは止めるから。」そんな言葉をかけていただきました。その言葉を聞いて、自分のやりたいことを優先して他の会社を選んで、ありきたりな研修を受けありきたりな話を聞いて、日々の業務に追われるような毎日を過ごすなら、業務内容はよく分からないけどあつまるに入って実績を出して、2〜3年後には自分でチームをつくりたいと思い、入社を決意しました。
02

入社後掴み取った一番のチャンスは何ですか?

  • 冨塚

    リーダーを任せてもらったことです!新卒研修中から、絶対に過去一の結果を出すことに拘って仕事をしてきました。それを追求して我武者羅に走り続けたことで、プロデューサー1年目として過去一の結果を残すことができ、2年目からプロデューサーグループのリーダーを任せてもらえました。
  • 脇田

    私も同じで、入社後すぐに採用・広報チームのリーダーを任せてもらったことです。
    あつまるは、覚悟を持ってやりたいと手をあげた人にチャンスがやってきます。だからこそ、あつまるに入社して「1年目だから」なんて考えたことはありません。採用・広報の責任者を任せてもらった以上「分かりません」とは言えないので、常に「分かります、できます、達成するためのやり方は私が考えます。」と伝えて、チームで過去一の結果を出すことに拘ってきました。
03

入社してからこれまでを振り返ってぶっちゃけ何を思いますか?

  • 冨塚

    私は、社長の話だけを聞いて入社したので、あつまるがどんなことやっている会社なのか、どんな人が働いているのか全く分からない状態だったのですが、入ってみたら想像以上に面白かったです。とにかく人が面白い。若手は勿論なのですが、30代・40代の先輩たちの勢いが凄かったです!
  • 脇田

    わかる!先輩の勢いがあるからこそ、若手の私たちも頑張れます。
  • 冨塚

    そうそう。あつまるは、若手も発言しやすいしチャンスも多い。我武者羅にやっていても全然恥ずかしくないです。だって、それが当たり前ということを先輩たちが背中で見せてくれているから。
    そして、業務的にも人間的にも成長スピードが本当に速いです。経営者の方と仕事をすることで、常にフィールドの高い考えに触れることができます。その分たくさん壁は現れますが、壁を乗り越えれば成長できるということを身をもって感じています。

    脇田さんはどうだった?
  • 脇田

    私は「そんなに甘くない」「中途半端な人は活躍できない」「ライバルは自分」 ということを感じましたね。 自分の理想をどこまで掲げるかにもよりますが、日々もどかしい気持ちになります。あと、「その人がキラキラ見えるのは、その分泥臭く努力しているから」ということをこの2年で知りました。 1番かっこいい先輩が、1番泥臭く努力している人です。 生まれつきの能力だけではあつまるでは戦えません。 想像を遥かに超える努力をして、どんどん成長している人がいます。 その中でどうすれば活躍できるのか。大きいビジョンを掲げ続け、自分との戦いに挑み続けることなのだろうなと今私は考えています。 仕事は自分で作るものです。本当に甘くないです。でも、だからこそ自分では想像できないような未来が待っている気もしています!